キャッシングを成功させる学生にはルールがある

キャッシングを成功させる学生にはルールがある

Article

収入証明が不要のキャッシング

銀行カードローンや消費者金融でキャッシングを申込むとき、収入証明書類を求められることが有りますが、収入証明書類は必ず必要かというとそうではなく、借入金額に応じて必要になってきます。
収入証明書類として使われるのは源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、所得証明書などがありますが、これらの書類を求められるときは、融資をしても返済が続けられる所得が有るのかを確認する為に利用され、消費者金融のキャッシングは、総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限されているため、借入希望額が50万円をこえるときや、他社借入があるときは合計100万円をこえる場合所得証明書を提出して融資制限をこえていないかの確認をすることになっています。
銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収で制限を受けることがないので、それぞれの銀行で収入証明が不要の融資限度額を決めていて、「バンクイック」は100万円「楽天銀行スーパーローン」は200万円「オリックス銀行カードローン」は100万円以下の場合は所得証明書不要で、「イオン銀行カードローン」や「セブン銀行カードローン」は融資限度額が低い為収入証明書が不要のキャッシングができるようになっています。
銀行カードローンの中には専業主婦専用の商品を扱っている銀行もあり、収入証明書が不要のキャッシングができるサービスをおこなっているので子育てに手を取られ、パートに出られない専業主婦におすすめの商品があります。

Article

変化している消費者金融でお金を借りるということ

以前なら消費者金融でお金を借りることは怖いこと、なんて考えることも多かったでしょうか。一度借りてしまうとどんどん借金が膨らんで、自己破産という流れを想像してしまいますよね。確かに借り入れする側がよいと言えば、どのような金利でも貸し付けることができていた時は、雪だるま式に借金が増えることも仕方がないという状態だったかもしれません。

しかし、今では消費者金融を含む貸金業者はすべて貸金業法による規制を受けています。金利のことはもちろん、貸付できる限度額、返済できなかった場合の取り立て方法まで細かにいかに利用者が安心できるかという法律がしっかりと決まっているのです。

どれほど借りたいといっても、貸金業者からは年収の3分の1までしか絶対に借り入れできなくなっています。それ以上に借金が膨れ上がることもないのです。返せない時にも、時間も決めず自宅にも勤務先にも押しかけてくるということもできなくなっています。大人数で大声を出して取り立てすることはドラマや映画の中だけなのです。

もちろん、借り入れする人もお金を借りることに対して持たなければならない意識はあります。いくら法律で決まっていても、その範囲いっぱいまでどんどん借りてしまうということだけはしないようにしましょう。きちんとした計画性さえあれば、消費者金融でお金を借りることは無謀なことでも危険なことでもありません。金融機関の一つとして、その金利の低さなどを使いこなしていけるのではないでしょうか。

Article

キャッシングを成功させる学生にはルールがある

キャッシングを成功させる学生は自分なりのルールを持っています。
考えなしのキャッシングは例え少額の借り入れとなる学生デモ失敗することがありますので気をつけなくてはなりません。
学生がキャッシングをするときに、決めておきたいルールはどのようなものがあるでしょうか。
いくつかの例を参考にどんなルールがあるのかみてみましょう。
恐らく自分にとっても難しくはない方法が見つかるはずです。

借り入れ金額は押さえておくのは基本中の基本です。
しかし抑えることと、必要最低限の借り入れにすることはまた変わってきます。
消費者金融も銀行も借り入れ金額は千円単位となっています。
お金を借りる自体を減らすこともとても重要なことではありますが、4,000円必要なときに5,000円の借り入れをするのでは必要最低限ではなくなります。
借り入れ金額は千円単位で決めることができる、それを十分に活用していきましょう。

返済が基本とはなるものの、借り入れの金額に気を使わなければならないのは当然のことです。
現在借入残高があるときにはその残高を返済するまで新しい借り入れをしないようにしましょう。
簡単なことです、借入残高があるときには借り入れはしない、たったこれだけのルールがキャッシングの成功率を大きく変えていくこととなります。

キャッシングという呼び方ではあるものの、学生にとってもそれは借金に変わりはありません。
ルールを決めてキャッシングを使っていきましょう。